メンタリティ

「強み/弱み」を正確に把握しよう ポイントは基準点にあり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フリーランスとして独立することを考えはじめたら、自分の「強み」「弱み」について明確にしていきましょう。

この「強み」と「弱み」は会社員をやっていようと、フリーランスになろうと、とにかく大人はみんな知っておいた方がいいことです。

ただ、「強み」「弱み」と言っても色々と定義があるので、ここではこんな意味だと捉えてください。

「強み」「弱み」には基準点がある

「強み」「弱み」を考えるときには、必ず基準点があります。

その基準点に対して、よくできるから「強い」とか、うまくやれないから「弱い」とか言ってるんですね。

そして、ここの基準点を意識しないから、「強み」「弱み」を考えるときにごちゃごちゃしてしまうんです。

多くの場合、過去の成功体験があれば「強み」で、うまく行かなかった体験があれば「弱み」だと思っちゃいがちですが・・・これは誤解でしかありません。

だから、まずは基準点をしっかり押さえておきましょう。

基準点は次の2つになります。

  • 内基準
  • 外基準

この2つです。

ここでは「内基準」のものを「強み/弱み」と言い、「外基準」のものを「長所/短所」と言うことにします。

強み/弱み (内基準)

「強み/弱み」は内基準なので、基準は自分の内側にあります。

こんな風に考えてみてください。

例えば、自分は人と話すときは・・・

  • 男性 / 女性
  • 大人 / 子供
  • 年上 / 年下
  • 話す / 聞く
  • ポジティブ / ネガティブ

で言えば、どちらの方がよりやりやすいですか?

あるいは、普段はどちらになっちゃっていますか?

いつも「年下女性の話を聞いている」のであれば、それがあなたの「強み」です。

年上男性話す」のがやりづらいなら、それがあなたの「弱み」です。

こんな感じで、二者択一の相反するものの中で、どちらの方が自分はよりやりやすいかを考えてみてください。

これがあなたの「強み」です。

逆に、よりやりにくい方は「弱み」です。

このようにして、「強み/弱み」を一つ一つ確認して行くことで、どんどん明確になっていきます。

長所/短所 (外基準)

これに対し、「長所/短所」というのは外基準です。

こんなことってありますよね。

  • 地元の中学校ではトップだったけど、高校に行ったら普通だった。
  • 笑顔が可愛いけど、ミスユニバースに混ざると目に止まることはない。
  • 仕様書を書くのがうまいと言われていたけど、転職したら全然ダメだと言われた。

これらは、外に基準があるので、環境が変わったりすると「長所」だと思ってたことが「短所」になります。

逆また然りで、「短所」は「長所」になりえます。

  • その業界に関する知識はない。だからこそ、業界の常識に縛られず自由な発想ができる。
  • 自分は男性なので女性の心理はわからない。だからこそ、いい相談相手になれる。

といった感じです。

この「短所」は「長所」にしてしまうという考え方を持っているとすごくいいです。

あくまで「長所/短所」はある基準に対しての評価なので、必ず覆すことができます。

このように、「長所/短所」は、

  • 「長所」は「短所」になりえる
  • 「短所」は「長所」になりえる

という特徴があります。

空を分ける飛行機雲

強み/弱み、長所/短所

「強み」「弱み」「長所」「短所」についてわかってきたところで、それぞれについて考えてみてください。

なお、この「フリーランスとして独立し、自分らしいライフスタイルを創造する180日間コーチングプログラム」のセッションの中には、これらを明確にするというセッションも入っています。
(注: セッションはクライアントさんの状況に応じて柔軟に組み合わせて行くため、必ずやるとは限りません)

「強み」「弱み」は自分の中に基準があるため、かなり正確につかめると思ってください。

「長所」「短所」は状況に応じて他方に転がるため、最初はよくわからないでフラフラするかも知れません。

むしろ、あなたの「長所」がより活かせるのはどういう状況か、というのを考えてみるといいですね。

そういう状況を作るにはどうして行くか、ということを考えるとうまく行くことが増えます。

おわりに

自分の「強み」「弱み」を考えてみよう、というのはどこかで聞いたことあると思います。

ただ、大体の場合その定義がちゃんとなされていないため、自分はなんとなくこういうのが強いんじゃないかとか、こういうのが弱いんじゃないかという風にやっちゃいがちです。

そうしたとき、多くの場合、過去の成功体験があれば「強み」で、うまく行かなかった体験があれば「弱み」だと思っちゃいがちですが・・・これは誤解でしかありません。

外基準と内基準がごっちゃになっているため、本当のところはよくわからないんですね。

「長所/短所」は本当に状況によって変わっちゃうものであるため、まずは自分の内側に基準がある「強み/弱み」について考えてみてください。

ここをしっかり押さえておけば、自分がうまく行くやり方で物事を進められるようになるので、本当にうまく行くことが増えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料メルマガ「ワンダフルライフ」

西村純一の無料メルマガ「ワンダフルライフ」は、こんな方に向けて書いています。

  • フリーランスとして独立し、理想のライフスタイル、理想の働き方を手に入れたい。

  • そっと背中を押して欲しい。元気付けて欲しい。勇気付けて欲しい。

  • モチベーションを高めたい。

  • 将来のキャリア形成について考えたい。


登録はこちらからどうぞ!

登録はこちらから